インフルエンサー広まりの背景

Influencer(インフルエンサー)とは、世間に与える影響力が大きい人物を指し、その人が発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティングと呼んでいます。

インフルエンサー・マーケティングが成立した背景には、広告よりも口コミの方が、顧客獲得単価が高いという認識が産業界に広まったことがあります。

ブログ利用者が急増した2007年頃から、ブログ利用者の中には、有名人やスポーツ選手や個人の富裕層をはじめ、数万人単位の読者を持つカリスマブロガーなどと呼ばれる人物が現れました。その人物が発信した情報が大きな宣伝効果を持つようになり購買行動に影響を与えるようになります。

2010年頃には、企業側がインフルエンサーを活用した宣伝、インフルエンサー・マーケティングに取り組むようになっていった。しかし、インフルエンサーとメーカーとの関係によってはステルスマーケティングとの線引きが難しいケースがあるのも現状です。

当社では、インフルエンサーマーケティングをはじめ、富裕層マーケティングのご相談なども随時受け付けております。まずは以下のお問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 絶大な影響力を持つ富裕層インフルエンサー

  2. 若年層インフルエンサー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。