若年層インフルエンサー

ポスト・ミレニアル世代と呼ばれる2000年以降に生まれた10代の中には、強い影響力を持つインフルエンサーが数多く存在しています。

デジタルネイティブ世代の彼らは情報の受け取り方が個性的で、自分の興味関心に沿った情報発信を行っているユーチューバー(YouTuber)やインスタグラマー(Instagrammer)への憧れも強く、その情報と接する時間も熱意も非常に強くなっています。インフルエンサー達のSNS情報は、ティーンエイジャーにとって大切な情報源として欠かせないものとなっています。若年層のインフルエンサーの中でも富裕層のこどもたちによる情報は諸刃の剣で、マーケット需要をダイレクトに感じることができるためその影響力の大きさは計り知れません。

そして、影響力のある若年層のインフルエンサーは、ティーンエイジャーの彼らだけではありません。

世界的な経済誌「フォーブス」によると、最も稼ぐユーチューバーに最年少でランクインしたのは7歳の少年で、12億円の推定年収を得ていることをトピックとして取り上げていました。オモチャのレビューをおこなう彼のチャンネルは、登録者1,000万人超の人気チャンネル。玩具メーカーにとっては売り上げに絶大な影響力をもつインフルエンサーといえます。

当社では、インフルエンサーマーケティングをはじめ、富裕層マーケティングのご相談なども随時受け付けております。まずは以下のお問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 絶大な影響力を持つ富裕層インフルエンサー

  2. インフルエンサー広まりの背景

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。